チーズの栄養素

チーズの栄養素

チーズに豊富な栄養素が含まれていることは誰でも知っていることだと思います。 それゆえに古くから人々に食されて続けているのでしょう。 ナチュラルチーズにはタンパク質を多く含でいることから白い肉とも言われることがあります。 タンパク質以外にもカルシウムやビタミンも豊富に含まれていて吸収率もいいのが特徴です。 原料である乳にも同じ栄養素が含まれているのですが、吸収率という面で乳の水分を抜いて凝縮したチーズにはかないません。 つまり、乳をそのまま飲むに比べて、少い量で栄養を効率よく摂ることができるということですね。 チーズを食生活に組み込むことによって、育ち盛りの子供やお年寄りの栄養補給に良いことはもちろん、女性(最近は男性も)のダイエットにも効果が見込めるかも知れません。 チーズの栄養価は人間のカラダに、まさにベストバランスの食べ物なのですね。 チーズの良い点は、自然の健康食品であるということで、安心して食べられることですね。

お酒と相性のいいチーズ

チーズに含まれているタンパク質は良質なタンパク質で、カラダに必要なアミノ酸をバランス良く含むと言われています。 アミノ酸は、肝臓の機能改善や肝臓疾患治療に効果があるといわれていて、アルコールをすみやかに分解してくれる働きがあります。 ですので、お酒のつまみにチーズを食べれば悪酔いせずのワインを楽しむことができるかもしれません。

タンパク質がガンに効く?

チーズがガンに効くという話は聞いたことはないのですが、制ガン作用があるという研究結果があるそうです。 良質なタンパク質によってリンパ球が活性化して、ガン細胞の増殖を妨げてくれるそうです。

脳卒中にも?

タンパク質の働きにはいろいろあって、過敏な塩分を体外に出すという働きもあります。 これによって高血圧や脳卒中の防止につながるという訳です。 どれくらいの効果があるのかは人それぞれだと思いますが、チーズのタンパク質が身体をつくるという役割と、健康を守るという重要な役割に役立つ食品の一つだということですね。

カルシウム不足にはチーズが1番

いろいろな栄養素が含まれるチーズですが、実はカルシウムの吸収率が高いことでも有名です。 小魚や海藻類と比較すればそれらの約2倍もあります。 また、牛乳200mgに対してチーズなら20〜30gで同じ量のカルシウムを摂ることができます。 つまり、カルシウムを手軽に摂るにはチーズが最適なのです。

 

カルシウムは成長期の子供にはもちろんのこと、最近よく言われているのは、中高年女性の骨粗鬆症防止に摂るべきミネラルと言われています。 

 

あまり知られていないのですが、実はカルシウムは精神安定にも深い関わりがあります。 チーズを食べることによって、実はストレスから身を守ってくれるかも知れませんね。

ビタミンB2もあるの?

ビタミンB2は疲労回復で有名です。 実はチーズに豊富に含まれる栄養分の1つでもあります。 タンパク質と結びついて脂肪分を分解し燃焼するので、ダイエットにも役立つのがビタミンB2です。 疲れやすいと感じる人、ダイエットしたい人は、チーズを食べるというのも一つの問題解決方法かも知れません。

脂肪は悪いことばかりじゃない

チーズに含まれる脂肪分はすぐにエネルギー源に変わってしまうものばかりです。 脂肪という響きから想像するのは、肥満というネガティブなことが多いですが、熟成している最中に酵素の働きによって脂肪が分解されて、他の食品の動物性脂肪よりもずっと消化されやすいのです。 チーズ料理を食べた後に腹持ちがいいと感じるのは、この適度な脂肪分のおかげなのですね。

仕上げはビタミンA

緑黄色野菜に多く含まれることで有名なビタミンAですが、チーズにもたくさん入っています。 どうしてなんだろうと調べてみますと、原料は草食動物の牛やヤギの乳から作られていますし、それらの家畜は緑黄色野菜の一つである牧草を食べているからなのですね。 ビタミンAは目に良いと言われることで有名ですが、肌の美しさにも効果があります。 粘膜を丈夫にする働きがあるので、風邪の抵抗力も上がります。 特に乾燥する季節には多めに捕りたい食品ですね。